FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

71歳の遺書

「栗本慎一郎の全世界史」を一気に読んだ。この本を読むには歴史について一定の基礎的な知識が必要な気がする。浅学な私には、ほとんどの内容が「新しいこと」として頭に入ってくる。しかし、本書は読み手がもつ通俗的な歴史観だけでなくアカデミックな研究者の歴史学をもその根底から覆す。自らの歴史観や世界像が瓦解する快楽。栗本氏の著書のどれもが読者に自己を破壊し深淵を覗き込む快楽を提供する。

栗本慎一郎の全世界史 ~経済人類学が導いた生命論としての歴史~栗本慎一郎の全世界史 ~経済人類学が導いた生命論としての歴史~
(2013/04/13)
栗本 慎一郎

商品詳細を見る


本書は栗本氏の遺書として書かれたものである。自ら最終作と述べている。語られた内容の正しさは後世に証明されるだろう。そのほとんどが。だが、想像力が不足している私にとって、渡辺豊和氏の「縄文夢通信」の援用など、いつもながら少し引いてしまう部分もある。しかし、語り口も含め、一気に読み切ってしまうほど面白い。

「古代4大文明など嘘である。」「シルクロードなどというものは実在しなかった。」(平山郁夫もびっくり)「ローマとは虚飾の残骸、無残な過剰、それだけである。」(塩野七生も一蹴)痛快である。

世界史とは「ゲルマン人と漢民族の都合でつくられた、非常に偏った限定的なもの」に過ぎない。地球規模で歴史をとらえると「人類文明の起源はユーラシア、とりわけ南シベリアにある。」その南シベリアを起点として次々に様々な文明が世界全体に相互連関しながら波及し、花開いていく。栗本氏のまなざしは、宇宙のかなたから人類の活動や歩みを見つめているかのようである。西洋史でも東洋史でもない、人類の歴史をまったく新しい視点でとらえようとする。だから「全世界史」。最新の歴史の教科書なのである。

こういったまなざしで、人類の「美術」を俯瞰できないか。歴史を「ゲルマン人と漢民族の都合でつくられた、非常に偏った限定的なもの」だという前提を踏まえながら、西洋近代の概念である「美術」そのものをも乗り越え、いわば人類の営みとして《美術》をとらえ一冊の教科書としてまとめることはできないだろうか。

私の本棚にある栗本氏の本は「パンツをはいたサル」「パンツを捨てるサル」「都市は、発狂する」「鉄の処女」「さぁ、車で出かけよう」(前掲)いずれも、光文社のカッパ・サイエンス。

「パンツをはいたサル」を再読してみた。戦争、蕩尽、供犠、祭り、ギャンブル、宗教など秩序ある世界を侵犯し破壊する(パンツを脱ぐ)過剰な行為を行うために生産活動や日常の生活を営んでいると考えてもよい、自然界のはみ出し者であるヒトの性癖を経済人類学の立場で明らかにしている。

それに「縄文式頭脳革命」(講談社)、「脳梗塞になったらあなたはどうする」と「脳梗塞 糖尿病を救うミミズの酵素」(たちばな出版)。栗本氏自身が1999年10月28日未明にこの病で倒れた。脳梗塞についての本は、闘病生活の中で得た知見をもとに書かれている。さすがに研究者の中の研究者。自らの病気についての医師をこえるほどの情報収集に努め、必死に回復を試みる。私も立派な脳梗塞予備軍である。予防から社会復帰までを知っておかなければならないと思って初版を買った。

スポンサーサイト

美術科は実技教科か

主要教科という言葉がある。

美術科の教員は「主要教科」という言葉は決して使わないはずだ。また、自らの教科を「副教科」や「周辺教科」とも言わないはずである。「主要教科」などという言葉を他教科の教員(同僚)が使えば、美術科の教員は、美術科を「補助教科」「瑣末教科」と呼ぶつもりかと食ってかかるものだと信じている。

一般に中学校9教科を5教科(国語・社会・数学・理科・外国語)と4教科(音楽・美術・保健体育・技術家庭)に区別する。「一般に」とは、教員も含まれるが、広く社会全般で流布されている言葉づかいである。「5教科」「4教科」という言い方の中には教科としての重要度がはっきり示されている。「5教科」とは「主要5教科」のことであり「高等学校入試試験教科」であり、評価・評定も含めて注目度の高い教科である。「4教科」とは「副教科」(この言葉が最もソフトであろう)であり「高等学校入試試験外教科」のことであり、比較的注目度が低い教科と言える。この教科間格差は教科の位置づけにとどまらず、教員の価値づけまでつながってくるから恐ろしい。(これについて、自ら体験談を語ろうとすれば山ほどある)

とりわけ美術科はカリキュラムや教材の自在性などによって、指導のねらいや評価・評定などがあいまいな教科として受け止められる傾向がある。受験教科でないことによって、安逸をむさぼる教員いるとも言われる。しかし、その自在性や受験教科でないことによって、可能性を秘めた教科という見方もできる。

「4教科」を「実技4教科」と呼ぶこともある。教科の重要度の物差しでなく、教科の特性を表した言葉である。恒常的に被害者意識を募らせている我々にとって、なじみやすい。だから、美術科の教員が「私たち実技教科は・・・」と普通に言っている。

はたしてそうであろうか。鑑賞領域をどうとらえるのか。

国語科に朗読や作文、書写がある。社会科には地図や年表の作成がある。保健体育科には教科名が示すように保健分野がある。技術家庭科には情報モラルや栄養学がある。

実技だけの教科もなければ、実技を含まない教科もない。

「実技4教科」。これも怪しい言葉である。

「キャリア教育」は若者たちを苦境から救えるか

このテーマで、本田由紀氏の「『教育の職業的意義』若者,学校,社会をつなぐ」(ちくま新書 2009)を取り上げたい。これを読んだのは、公立学校を定年退職して大学生とかかわりをもち始めた時期である。「視界が広がった」。そのような感覚を私に与えてくれた1冊である。

教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)教育の職業的意義―若者、学校、社会をつなぐ (ちくま新書)
(2009/12)
本田 由紀

商品詳細を見る


統計や資料をもとに今日の若者を取り巻く現実を直視しながら,日本社会と学校教育の在り方を根本的に見直すことを著者は求めている。論点が明確でその展開も整理されている。熱っぽい語り口に加え説得力のある文章である。近年,学校に要請される○○教育が300にも及ぶとされているが,さらに付け加えようとする趣旨ではまったくない。日本社会の構造を変革する大きな要素としての「教育の職業的意義」構築への提案である。

文章は反論に対する本田氏の「反論」から始まる。それらは「教育の職業的意義」を訴える自身の講演や座談会などでの否定的な反応への返答である。

「教育は独自の価値や理念を追求すべきものである」
「教育は人格形成であり職業教育に直結するものではない」
「労働市場に適応するだけの偏狭な能力を身につけることが目的となれば教育の堕落である」
「進路選択はできるだけ先延ばしにすべきである」など。


大学などでいまだに残る職業教育蔑視や不信の風潮の中で,ありがちな反論である。

学校教育は,職業生活という過酷な時代に向かうまでの束の間のモラトリアムなのか,仕事の世界への周到な準備期間なのか。本田氏は,働く者すべてが身につけておくべき労働に関する基本的な知識(法律や交渉などの適切な手段を通じての抵抗)や個々の職業分野に即した知識やスキル(仕事への適応)を重要なものとして位置づけ学校教育に可能な範囲で取り入れる必要性を力説する。

いわゆる○○教育において最大規模をもつ「キャリア教育」を忘れてはいないか。将来のための適切な勤労観や職業観をもたせ,そのための基礎的能力を身につけることは校種を超えて大きな課題と捉えられているはずである。

しかし,「キャリア教育」は教育の職業的意義の追求に対して相容れないものであり,むしろ障害になっていると本田氏は断罪する。

なぜか。

実現する具体的な手段を提供することなく,自ら将来設計し自己実現を果たすことが強力に要請されることによって,結果的に若者たちに過度のプレッシャーを与え,不安感や混乱を増大するだけに終わっていると捉える。

1998年度,兵庫県が全県挙げて中学生に実施した職業体験である「トライやる・ウィーク」は圧倒的な支持を受け全国に波及した。これは今日的な教育課題に対応した幅広い取組としてとらえるべきであるが,主たるものはやはり「キャリア教育」である。

京都市では「生き方探究・チャレンジ体験事業」という名称で中学2年生を対象に実施された。私の校長時代,お世話になる35ほどの事業所に実施前年度に再度お願いし,事後にもお礼に訪問させていただいた。私にとっても地域の方々の営みを知る貴重な機会になっていた。

その時「生き方探究・チャレンジ体験事業」についての意義をまとめたものはこのようなものである。


① 生徒に達成感や自信を与えられることである。自らの取り組んだ仕事について,いわゆる「ナナメ関係」にあたる事業主等から「ありがとう」「よくやってくれた」という言葉をかけられたことの感動を事後の報告会の中で語っている。学校の教育活動ではめったに味わえない達成感と自信を生徒は獲得する。今日の子どもに希薄とされる自己有能感や自尊感情を育むための貴重な体験になっている。

② おとな社会に中で実際に働くことによって,その厳しさと手ごたえを知り,自分の能力や適性を考える機会になる。また,将来の自分の姿を思い描く機会にもなる。保育園や幼稚園での仕事によって,自らの成長を振り返りながら,将来親になり子どもを育てる疑似体験も併せて体験することになる。それぞれの体験を共有するためにもつ事後の報告会において,ほとんどの生徒は「この体験を将来に生かしていきたい」としめくくる。この取組が終わったとき,生徒は少し大人びたように感じられる。

③ 時間を守ること,礼儀正しくすること,相手の立場を考えること,順序立てて人にわかりやすくはっきり話すことは,学校では指導上の事柄であったが,この取組の中では社会的実践として厳しい評価が返ってくることになる。事前の打ち合わせの予約のためにお世話になる事業所に電話する手が震えている生徒の姿を何度も見てきた。社会人の一員としてのルールとマナーを身につける絶好の機会になる。

④ 中学生の問題行動の中には,登下校中に通学路付近の看板にいたずら書きをしたり,ところかまわずごみを捨てたりすることなどがある。家と学校は生徒にとって点と点の存在のようなものであり,その点をつなぐ線は忘れられがちである。苦労して落書きを消す地域の方がおられ,門口を掃除する方がおられる。地域の再発見は地理的な発見だけでなく,地域の人々の営みと人間関係の再発見でもある。

⑤ 期間中及び実施前後に,この取組についての家族との会話が進む。保護者の仕事や生き方の理解が深まるとともに,生徒自身の将来について語り合う機会がもてることは大きな副産物である。

⑥ 学校生活では見られない生徒の意外な姿が見えてくることも多い。生徒理解を深めるためにもこの取組の意義は大きい。また,日本の教員は一般的に頻繁に家庭訪問を行なう。しかし,教員の地域理解は保護者を通してのものに限定されがちである。生徒と同様,地域の人々の営みと人間関係の再発見は教員にとっても大切にすべきことである。教員が自ら勤める学校の校区とその周辺について熟知すること,そして学校と地域との関係で最も遅れている教員の地域参画[地域支援型連携]の道をつける意味でも重要な取組になる。



課題は,本田氏の指摘のとおり,こういった「体験」が生徒一人一人の意味と価値の体系である「経験」として積み上げられることなく,事業が単発的・断片的なものにとどまり,教育システムとして発展的に継続されていないことであろう。

もう一つ,校長時代に感じ取ったことがある。各中学校において私立高校受験を前にして中学生3年生を対象にして面接指導の取組が行われる。その面接官役を校長が務めるのが通例である。「将来どのような仕事に就きたいと思っていますか」という私の質問にASUC(attractive-人気が高い・scarce-希少・uncredentialized-学業不問・career-職業…例スポーツ選手やアーティスト)を挙げる生徒や逆に中学3年生段階で十分達成可能な仕事を明確に述べる生徒もいなくはない。しかし,大方は「自分のよさを生かした仕事に就きたい」「人のため社会のために役立つ仕事をしたい」と答える。「では,あなたにとって自分のよさを生かし,人のためになる仕事とはどのような仕事ですか」と尋ねると返す言葉をもたない。このパターンの繰り返しである。事前の担任の指導がパターン化しているのだろうか。どうやらそうでもないらしい。さまざまな課題を抱える中学生であるが,心の深い部分で本当に自分の特性を生かしながら,人のため社会のために役立ちたいという強い願いをもっていることが見えてきた。茫漠たる荒野の中で方向感覚を失い,佇み苦悶する若者の姿がそこにある。このことは,今日の大学生にもそのまま当てはまりそうな気がする。

進路選択には「職業人・社会人としての自分自身の輪郭が暫定的にでも一定程度定まっていること,もうひとつは世の中の現実についてのリアルな認識や実感,という二つの条件が必要となる。」と本田氏は述べ「そのような自分の輪郭や現実認識を得る機会を若者に与えないままに,つまり選択のための手がかりがないままに,ただ選択を強いるという性質を『キャリア教育』はもっている。」と一般的なキャリア教育の欠陥を指摘する。

したがって,社会がどのように変わろうともたくましく生き抜く力・自らの将来を設計する力・コミュニケーション能力など抽象的で汎用的な能力をひたすら求めるのではなく,大切なことは「職業と一定の関連性をもつ専門分野に即した具体的な知識と技能の形成に,教育課程の一部を割り当てるという方策」を打ち出すことである。それを後期中等教育段階から多くの教育機関によって提供される必要性を訴える。

日本的雇用と新規学卒就職モデルの崩壊という今日の現状を踏まえ,いかにして確かな職業的能力を若者につけ社会に送り出していくのか。本田氏と同様,いびつなキャリア教育を批判する観点で書かれた「若者はなぜ『就職』できなくなったのか」(日本図書センター 2011)の著者である児美川孝一郎氏も同書の中で「アカデミックな普通教科しか学べないような普通科高校という制度枠組みをなくして,すべての高校を総合性(普通教育の課程と職業教育の課程を併置する)の高校と職業高校(専門高校)にしていくべきだ」と述べている。

若者はなぜ「就職」できなくなったのか?―生き抜くために知っておくべきこと (どう考える?ニッポンの教育問題)若者はなぜ「就職」できなくなったのか?―生き抜くために知っておくべきこと (どう考える?ニッポンの教育問題)
(2011/02/18)
児美 川孝一郎

商品詳細を見る


【参考】児美川孝一郎氏の同書の「エピローグ」には、著者の若者たちへの熱いメッセージが語られ、引用・参考図書としてまとめられた「ブックガイド」は親切なガイドがつけられている。

近年の教育学は「教育の政治的意義」を中心に展開する「シティズンシップ教育」が主流だが,それと同等に重大で深刻な問題が若者にのしかかっていることを直視すべきであろう。非正規雇用の増大,過酷な労働条件,さらに労働市場からの排除とそれのよる貧困化が進む中で,次代を担う若者たちに,私たちはどのようにして明るい展望をもたせることができるだろうか。

それを解くキーワードである「柔軟な専門性(本田氏の造語)」は模式図も含めて本書で詳しく説明されている。労働市場の改革とともに,この「柔軟な専門性」を軸に学校教育の再構築を迫っている。

「このままでは,教育も仕事も,若者にとって壮大な詐欺でしかない。私はこのような状態を放置している恥に耐えられない。」著者の文末に書かれた肉声とでもいえるこの言葉をしっかりと受け止めたいものである。


デザイン的な思考

Eテレの「スーパープレゼンテーション」は自動録画設定にしている。その中の一つ、12月9日にオンエアーされたポーランドのデザイナー(元建築家)であるヤセック・ウトコ氏のプレゼンに興味を覚えた。テーマは「デザインで新聞を救えるか」。今日、世界中の新聞はインターネットの普及によって、窮地に立たされている。彼の手がけた新聞は自国であるポーランド以外にリトアニア・ラトビア・エストニア・ロシアなど東欧諸国に広がる。

彼の手によって各社の新聞はまたたく間に発行部数を大幅に伸ばす。ポーランドの新聞はリニューアルして1年後、世界新聞大賞に輝き、続いてエストニアの新聞も同賞を獲得する。

その秘訣は「デザインシンキング」。コストをかけることなく、デザインナーとして新聞を見直す視点にある。文字媒体であるとされる新聞に、彼はイラスト・写真を大胆に取り入れ文字の大きさや書体も工夫し紙面から訴求力と魅力を最大限引き出す。表紙を含む紙面全体を一つの楽曲のように、ボリューム・テンポ・リズムなどを考えながら、いわばポスター感覚で新聞をつくりあげる。当然のように新聞づくりのプロセスも変わってくる。

新聞は読まれるものであると同時に見られるものである。内容(言葉)とかたち(レイアウト・写真やイラスト、書体など)によって伝える媒体である。掲載される写真やイラストの選定によって文章の意味が違ってくる。さらに、同じ言葉でも書体が変われば意味が違ってくる。あえて言わなくとも、私たちは「デザインシンキング」(デザイン的な思考)をしながら生活をしているのである。それを意識化するかしないかだけのことである。

ファインアートにのみ準拠し自己表現を絶対視する考え方が、今も美術教育を呪縛している。そろそろ人間の思考や営みの中心に美術の活動をしっかりと据えるべきではないだろうか。

生徒作品展の変容

先週の土曜日(2014/1.25)、京都市立美術館で行われていた「京都府学校文化・芸術祭・教育美術展覧会」を見てきた。久しぶりである。会場は作品にあふれていた。特に中学校は天井から床までぎっしりと掲示・展示されている。



私が教諭(研究会員)であった頃、あるいは指導主事であった頃と比べるとずいぶん変わってきたように感じた。


              20年前の同作品展
   
①  掲示・展示作品数が増えた。特に立体作品の出品点数が大幅に増えているように感じられる。以前は展示室中央に展示台が小規模に並べられていたが、最近は壁面下に低い展示台も置かれている。
② このことは、デザインや工芸作品の出品点数が増加したことへの対応であろう。
③ この美術展では、どうしても京都府と京都市の生徒作品を比較しその違いを見ようとしてしまう。以前は京都府の風景画などの絵画作品中心、京都市の色面構成やポスターなどのデザイン作品中心という傾向が見られた。今回の展示を見る限りそういった色合いは薄らいでいるように感じられる。
④ 目についた特徴的な生徒作品を取り上げてみると、以下のようなものが挙げられる。
・「相田みつを風」色紙
・扇 絵
・時計文字盤のデザイン
・ブックカバー
・多様な素材を用いたコラージュ
・樹脂粘土による和菓子
・絵画の半立体化やボックスアート
・箸
・箱と装飾
・ステンドグラス
・和紙を使った照明器具
・ガラス皿(サンドブラスト)
・仮 面
・ミニアチュール
・ネームプレート
・ストラップ

色紙・扇絵・和菓子・箸などは「生活の中にある美術の働き」(学習指導要領)として今も使われている日本の伝統的な調度である。注意すべきは、パターン化し常套句となったデザインで表面的になぞることではなく、モノの起源と伝統の理解の上に立って、今日的な生活場面を具体的に想定しながら創作することであろう。例えば、コンパクトに折り畳む日本オリジナルの原点とされる扇子は、その「開閉」によって出現し消滅する装飾、「扇ぐ」という仕草の中で絵柄が揺れ動くということを意識化させることが大切である。さらに、誰が・いつ・どこで・どのようにという生活の場面や文脈を踏まえデザインの基本を考えさせるべきである。

こういったデザインとしての思考は「時計の文字盤」についても言えることである。どんな図柄でもよいとするなら、絵として描かせるとよい。時計の文字盤のデザインならば、時間そのものをどのようにとらえるか、長針と短針の動きを「図」としてどのように際立たせるかなどがデザインの条件になるはずである。

注目したいのは「ブックデザイン」である。中高生の読書推進と読書コミュニティづくりをテーマにした「本を通して世界と出会う」という本の中で、東京都杉並区の「本の帯」アイデア賞が紹介されている
課題図書を生徒に与えるのではなく、生徒自らが選んだ本を読み、その本にふさわしい帯をデザインしコンクールに応募する。入賞すると、実際にその本に生徒がデザインした帯を巻いて図書館や区役所に展示される。まさしく、美術による文化的実践である。

本を通して世界と出会う―中高生からの読書コミュニティづくり (シリーズ読書コミュニティのデザイン)本を通して世界と出会う―中高生からの読書コミュニティづくり (シリーズ読書コミュニティのデザイン)
(2005/08)
読書コミュニティネットワーク

商品詳細を見る


この場合は「本の帯」であるが「ブックデザイン」も、読書の深まりによって言葉の世界をビジュアルなものにするデザインとしての思考は同じである。これからの美術科教育において大事にしたいことは、教科としての独自性の追究だけでなく、他教科とどのようにかかわり、どのように結ぶかという点である。

仮面について、私はひとつのこだわりをもっている。それは、仮面をつくらせるなら単なる装飾としての仮面ではなく「実際に被る仮面」をつくらせたいと考える。「被る」ことによって見えてくる世界がある。


        指導主事時代に行った美術科教員研修「創作面」

今回、最もうれしかったことは、作品のそばに、指導のねらい・生徒の自らの作品についてのコメントや自己評価などが添えられていることである。すべてではないにしも多く見られた。かつて、私が現職時代に一作品のスペースを使い数点の出品作品についての「指導のねらい」を書いた用紙を貼り付ける試みをしていた。当時は違和感があった。時代は変わった。教育的観点を大切にするなら必然的にこのような掲示・展示方法になる。こういった方法がさらに広がっていくことを期待したい。
プロフィール

ryoichi25r

Author:ryoichi25r

細谷 僚一 hosotani ryoichi
■ 大阪府箕面市生まれ(1948)
■ 京都教育大学教育専攻科美術工芸修了
■ 京都市立中学校教諭(美術科)16年
■ 京都市教育委員会学校指導課指導主事7年
■ 京都市立中学校教頭2年
■ 京都市教育委員会教職員課 人事主事5年
■ 京都市中学校校長5年(定年退職)
□ 大谷大学 教職支援センター教職アドバイザー4年(終)・非常勤講師3年(終)
□ 立命館大学 非常勤講師5年
□ 京都嵯峨芸術大学 教授3年
□ 京都女子大学 非常勤講師1年


履歴が示すように、専門は学校教育と美術科教育です。もともと好奇心旺盛なたちなので、様々なことに関心があります。学校教育にしても美術科教育にしても他のジャンルとのかかわりや歴史的観点から俯瞰的にみていくつもりです。

「美術科教育の未来」
2050年あたりに照準(大風呂敷)をあて、改善の姿を描こうと思っています。

「私の本棚」
読んだ本のまとめや感想をできるだけコンパクトにして整理したいと考えています。最も工夫したいことはそれぞれの本の関連づけです。

「気づ記・思いつ記」
日々の生活の中で気づいたことや思いついたことなどを日記のように表したいと思っています。


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。