FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なばなの里のイルミネーション

3月24日(土)車で桑名市へ。

桑名街歩き3時間
P10300931.jpg

シティホテルのレストランで昼食後、市内を散策。強風の中ひたすら歩く。「大倉陶器」に立ち寄り陳列棚の商品をじっくり見る。なかなかの品揃え。店主の方のセンスがいい。購入は帰路にするとして、揖斐川堤防に向う。川岸を北に向い「九華公園」「柿安」「六華苑」を巡り「バロー桑名東店」で休憩。寺町通り商店街(土曜日なのに閑散とした佇まい)を南に抜け、再度「大倉陶器」。大皿を4枚購入。

夜は「なばなの里のイルミネーション」
P1030114.jpg



今回の旅行の主たる目的はこれ。ビアホールで食事をしながら暗くなるのを待つ。その後雑踏の中、いくつかのテーマ別イルミネーションを鑑賞する。単なるライトアップではない。神戸のルミナリエのようなパネルを重ねた構造体でもない。特徴は新たなライティング方式と雄大なスケール。とりわけ「日本の四季」に注目した。

かつて19世紀末から20世紀初頭にかけて西欧の画家たちが光に焦点をあてた。つまり印象派から新印象派の画家たちは、刻々と変化する光の多彩な姿を追究した。しかしこれは日中の太陽光の反射としての光であり、その光の強度を絵具の色点の並置(点描法)により網膜上で混合することによって得ようとした。

今日、テレビやパソコンなどの液晶画面は色光のドットによって文字や映像が表されている。太陽光の反射光からデジタル人工発光体の光へ。自然の空間に張り巡らされた何十万球かのLEDの色光が音響とともにゆっくりと、また瞬時に変化していく。映画館スクリーン上の3D映像を見る体験ではない。現実の空間(風景)の座標に与えられた色光の明滅による動画をみているのだ。ジオラマ映画館とでも言えようか。

1998年(平成10年)の中学校学習指導要領改訂では美術科の内容の表現(2)デザインや工芸などに表現する活動において「形や色彩、材料、光などがもたらす性質や感情を理解し、機能的な生かし方を考え、美的感覚を働かせて美しく構成したり装飾したりすること。」として新しく「光」が取り上げられた。当時、改訂の協力者であった私は、担当の文部省遠藤視学官からこの提案をお聞きし、極めて妥当であり、これまで正式に取り上げてこなかったことが不思議なぐらいだと感じた。しかし、LEDが新しい発光体としてのこれほどまで普及するとは夢にも思わなかった。

錯綜する現実と非現実の境界を確かめようとするかのように、私も含めて入場者のほとんどが「デジタルカメラ」を手にしてシャッターを切り続ける。色光のパルスとしてデジタル化された風景の再デジタル化を目指して。

健康的な一日

この日は歩数20056、14.5㎞歩いた。大変健康的。早めに就寝。イルミネーションの余韻をまぶたに浮かべながらぐっすり寝る。

この記事へのコメント

Re: 初投稿(再) - ryoichi25r - 2012年04月09日 22:21:40

書き込みいただきありがとうございました。私にとって初めてのコメントです。ブログ初心者です。これからもよろしくお願いいたします。

トラックバック

URL :

プロフィール

ryoichi25r

Author:ryoichi25r

細谷 僚一 hosotani ryoichi
■ 大阪府箕面市生まれ(1948)
■ 京都教育大学教育専攻科美術工芸修了
■ 京都市立中学校教諭(美術科)16年
■ 京都市教育委員会学校指導課指導主事7年
■ 京都市立中学校教頭2年
■ 京都市教育委員会教職員課 人事主事5年
■ 京都市中学校校長5年(定年退職)
□ 大谷大学 教職支援センター教職アドバイザー4年(終)・非常勤講師3年(終)
□ 立命館大学 非常勤講師5年
□ 京都嵯峨芸術大学 教授3年
□ 京都女子大学 非常勤講師1年


履歴が示すように、専門は学校教育と美術科教育です。もともと好奇心旺盛なたちなので、様々なことに関心があります。学校教育にしても美術科教育にしても他のジャンルとのかかわりや歴史的観点から俯瞰的にみていくつもりです。

「美術科教育の未来」
2050年あたりに照準(大風呂敷)をあて、改善の姿を描こうと思っています。

「私の本棚」
読んだ本のまとめや感想をできるだけコンパクトにして整理したいと考えています。最も工夫したいことはそれぞれの本の関連づけです。

「気づ記・思いつ記」
日々の生活の中で気づいたことや思いついたことなどを日記のように表したいと思っています。


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。