FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都ブランドに甘えてはならない

このところ、土日の雨天が続いた。だから久しぶりの自転車ツーリングになった。初夏を思わす紫外線たっぷりの強い日差しの中を走った。距離にして54km。私が所属している「Cycling Circle『連』」の会員6人で、鴨川を北進し、東に折れて京産大を通り岩倉へ。白川通りを南下し「銀閣寺」。「哲学の道」を抜け「熊野若王子神社」。最後は山県有朋の別荘「無鄰菴」。

その間、「岡崎」で昼食。駐車場には「店を利用されない方は駐車できません。違反者には即1万円をいただきます」という表示。またか。「大原」では「利用者以外はトイレ使用禁止」。「金閣寺」の無料休憩所で、ツーリングの待ち合わせをしていたら、隣の土産物店の女店主が退去勧告。「罰則」「禁止」「勧告」・・・京都の観光地の表示・指示の基本形はこれだ。たぶん店側は観光客のマナーの悪さに辟易しているのだろう。それもわかる。しかし、ルールを守っている一般客にどのような気持ちを与えるか想像したことがあるのだろうか。しかも、料理が高くてまずい。三拍子そろっている。「こんな店に二度と来るものか」京都に住む者も、ついそう思ってしまう。

京都市に訪れる観光客の人数は年間約5000万人。京都市民は約147万人。毎年、市民の実に34倍の観光客が訪れることになる。観光客でなく「観光市民」と言ってもいいぐらいだ。この「観光市民」に支えられて京都は成り立っている。観光を考えずに京都の将来はない。

新しい観光の在り方が求められている。以前から言われている「京都アーバンリゾート」。これは、単に神社・仏閣・名所だけを巡るだけでなく、繰り返し訪れたり長期滞在したりすることによって、

①日本文化の源流をもつ京都の文化伝統に触れ、歴史の厚みの中で自分を見つめる(京都市民自身が地元の歴史や文化について語れるだけの力をもつことが問われる)

②人と人の触れ合いを通して質の高い文化交流を進める(京都市民も「観光市民」から学ぶ)

③自己の人生を振り返り新たな自己を発見し、より創造的に生きるための機会をつくる(京都市民と「観光市民」の協働の取組・京都の新しい試みや挑戦などの紹介)

などを果たすことである。

そういった観点に立てば、世界の観光地である京都は他府県や外国の方々をやさしく迎えるハード・ソフト面の対応が求められる。京都らしい宿泊施設の完備、美しく個性的な街並み、親切な案内表示、自転車道の拡充など交通の在り方の抜本的な再検討と交通網の整備などは当然のことである。大きな課題は、多様で創造的な交流の場をどのように演出し提供するかである。

artcenter.jpg

先日、久しぶりに「京都芸術センター」(廃校「明倫小学校」の跡地・校舎を利用して2000年に開館された京都の芸術振興の拠点)を訪れた。京都で開催される初めての映像芸術祭が開催されていた。2会場で二人の映像作家の作品が上映されていた。普段の様子はわからない。午前10:30の鑑賞者は、なんと私一人だった。手に取った「センター通信『明倫art』」に「京都芸術センターで、あなたの展覧会企画を実現していませんか?」と書かれている記事を読み、ため息が出た。これは単なる私の思い込みに過ぎないかもしれないが、センターはすでに求心力を失い、失速状態にあるのではないか。内向きに閉塞していないだろうか。もしそうだとしたら、コンセプトをもう一度見直さなければならない。

2012年、京都市産業観光局観光部が公表した「『平成22年度 京都観光調査』及び『平成22年度京都観光総合調査』の結果について」の日本人観光客満足度調査、個別感動度において、

第一位は「自然・風景」 26・0%

第二位は「寺院・神社・名所・旧跡」 18・6%であるが、

「京都人のおもてなし」は 3・4%

「いやしや安らぎなどの精神的満足」は 2・9%

「食事の質」は 2・4%であった。


このデーターを真剣に受け止めるべきではないか。

数年前、滋賀県長浜市に何度か訪れたことがある。その時、街の方から見ず知らずの私に「おはようございます」という挨拶を何度もかけられた。そのことを思い出す。「私たちの街にようこそ来ていただきました」という歓迎の言葉であろう。街づくりに市民の方々が当事者意識をもたれている。素晴らしいことである。

今ある京都ブランド力に甘えてはならない。「観光市民」を恫喝するようなことはしてはならない。「祇園祭価格」、とんでもない。「京都をもう一度訪れたい」と心から願う人を増やすこと。そのために、観光は人と人の豊かな交流にもっとウエイトを置くべきだ。産学官民一体となって、京都の地域力を増し未来を探ろうではないか。そして「おもてなし」と「しつらい」を基調とする『京都の観光モデル』を世界に発信したいものである。

この記事へのコメント

- MATSUMURA - 2012年05月03日 23:04:43

こんばんは,松村です。
いつもおせわになります。
京都芸術センターについては,当初かなり期待したのですが
現状はご指摘の通りだと思います。
ここの運営は,今,どこが行っているのでしょうか?
ほんとうに,もう少し何とかならないものか,と思ってしまいます。

Re: タイトルなし - ryoichi25r - 2012年05月04日 23:15:39

コメントありがとうございます。お忙しい中、私のブログを見てもっらっていることもありがたいことです。

京都芸術センターは文化市民局・文化芸術都市推進室・文化芸術企画課が担当しています。全京都事務局長やINSEA準備委員の立場で担当者と何度か直接お話ししたこともあります。様々な意見や提案を積極的に受け止めようとされています。

「京都文化芸術都市創生計画」(平成19年度)を踏まえ、その計画の実践者として、教育の立場(研究会)からもっと発言(意見・提案)をすべきだと私は考えています。企画を求めておられるのですから。





- MATSUMURA - 2012年05月09日 00:58:44

こんばんは,松村です。

当初,ここ(京都芸術センター)の立ち上げの時には,
学校や研究会が関係をつくっていく,利用していくものと思っていたのですが,
現在はほとんど関係がないように思います。

京都市美術館にしても,教育委員会との関係が薄いからだろうと思いますが
あまり学校や研究会との連携がとれていないようです。
この辺りを繋いでいく組織なり人脈が必要なのでしょう。

もし,企画をもとめられているのであれば
研究会として意識的に活用や連携を考えていくようにしたいものです。

今年の京都市の学校教育目標に,芸術教育の充実が挙げられています。
芸術系大学と連携した図工・美術の授業の実践が具体的に述べられています。
この辺りとも関連した京都芸術センターの活用・連携も考えられそうです。

トラックバック

URL :

プロフィール

ryoichi25r

Author:ryoichi25r

細谷 僚一 hosotani ryoichi
■ 大阪府箕面市生まれ(1948)
■ 京都教育大学教育専攻科美術工芸修了
■ 京都市立中学校教諭(美術科)16年
■ 京都市教育委員会学校指導課指導主事7年
■ 京都市立中学校教頭2年
■ 京都市教育委員会教職員課 人事主事5年
■ 京都市中学校校長5年(定年退職)
□ 大谷大学 教職支援センター教職アドバイザー4年(終)・非常勤講師3年(終)
□ 立命館大学 非常勤講師5年
□ 京都嵯峨芸術大学 教授3年
□ 京都女子大学 非常勤講師1年


履歴が示すように、専門は学校教育と美術科教育です。もともと好奇心旺盛なたちなので、様々なことに関心があります。学校教育にしても美術科教育にしても他のジャンルとのかかわりや歴史的観点から俯瞰的にみていくつもりです。

「美術科教育の未来」
2050年あたりに照準(大風呂敷)をあて、改善の姿を描こうと思っています。

「私の本棚」
読んだ本のまとめや感想をできるだけコンパクトにして整理したいと考えています。最も工夫したいことはそれぞれの本の関連づけです。

「気づ記・思いつ記」
日々の生活の中で気づいたことや思いついたことなどを日記のように表したいと思っています。


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。